すじうんこ|パンツに便がつく大人や子供が男女問わずたくさんいる

すじうんこ|パンツに便がつく大人や子供が男女問わずたくさんいる

子供の頃、毎日のようにグンゼの少年パンツに「すじうんこ」を付けていました。

小学生の低学年まで付けていましたが、洗濯をする母親に「毎回パンツにウンコがついている」と、からかわれました。

「筋うんこ」の件で、母親に怒られた記憶はありません。

うちの母親は、他の家族に「すじうんこ」のくだりを面白おかしく話し、私に恥を掻かせ、それで本人に反省をさせ、「すじうんこ」が付かないように気をつけさせる方法で、改善をするように促すという、教育方法でした。

最近、うちの奥さんが同じマンションのお母さん方と「すじうんこ」の話しになったそうなんです。

すると、未だに小学生のお母さんたちは、子供の「すじうんこ」に悩んでいるのだとか!?

洗ってしまえば、どうってことないのですが、万が一外でパンツを脱ぐ機会があった時、「すじうんこ」をつけていたらみっともないという話だったそうです。

子供の話しはともかくとして、大人になって未だに「すじウンコ」を付けている人がいたとしたら、それはそれで問題ですよね!?

その話は、笑えない話だと思います。

実は、私もそのような現場を観たことがありました。

サウナに行った時、隣りでパンツを脱いでいたおじさんの脱ぎ捨てられたパンツには、しっかりとした「すじうんこ」がこびりついていたんです。

訊くところによると、筋ウンコを付けている大人は意外にたくさんいて、痔持ちの人に多いようです。

しかし、幾ら痔持ちと言えど、子供の前で「筋ウンコ」が付いているパンツは見せられないでしょう!!

大人としての沽券(こけん)に関わって来る問題です。

放ってはおけない問題なのでは、ないでしょうか?

お母さん連中も、自分の子供がそんな大人になったら困るというような話をしていたそうです。


おしりの穴が汚れないから「すじうんこ」がつかない

便器に便がへばりつかなくなる解決策をするだけで、翌々日から「すじうんこ」はパンツに付かなくなります。

それは、便の粘りが取れて、お尻の穴が汚れなくなるからです。

子供は、未だうまいことお尻が拭けないという子もいるかもしれませんが、お尻の穴が汚れなければ、「筋ウンコ」だって、パンツに付きようがないというものです。

私は、そもそも大人になってから、さらに粘りが増した大便に、拭いても拭いても拭ききれないという現象に、10年も悩んだ経験があります。

それで、やっと見つけた解決策だったんです。

現に、世の中には私と同じように、「便が便器にこびりついてしまい、悩んでいる」と言う人がたくさんいましたから。

私が中々解決策を見つけられなかったということから、それらの人たちも中々解決策が見つけられなかったでしょう。

きっと、「すじうんこ」が取れなくて困っているというお母さん連中や、大人の人、または悩んでいる幼児もいるのではないでしょうか?

余談ですが、最初に「すじうんこ」って言い出したのは、ダウンタウンの松ちゃんだったような気がします。

「ドヤ顔」って、言い出したのも、確か松ちゃんでしたよね!?

ダウンタウンの松ちゃんは、結構自分で作りだした言葉を世の中に浸透させる才能があるように思います。

以上、余談でした!!

 

page top